カゴヤのレビューと評価

月額2000円以下ながら、高いスペックと充実したサポートを兼ね備えたサービスです。転送量も最大200GBの余裕があり、アクセス数の多いサイト運営にも対応できます。

公式サイト : カゴヤ

総合評価:79点

低価格ながら豊富な機能と充実サポート

カゴヤはコストパフォーマンスに優れたビジネス向けサーバーです。(後述の注意点で詳しく触れていますが)月額864円のS11プランだけは機能面に不足があるものの、そのひとつ上の月額1728円のS21プランは、この価格帯ではかなり優秀な機能・スペックとなっています。

月額2000円以下ながら、ウェブとメールをあわせて300GBのディスク容量、さらに複数サイトを運営するのに必要なマルチドメイン機能も無制限に使えます。またワードプレス等のウェブサイト管理ツールを使うのに必要なMySQLも、データベースに割り当てられた容量10GB内なら幾つでも作成できます。

さらに電話サポートも土日祝含めての365日対応、とくに平日は夜22時までの長時間サポートを提供しており、安心して利用ができます。

アクセス数の多いウェブサイトの運用もOK

転送量が一日最大200GB

またカゴヤの特長のひとつに転送量に非常に余裕があることがあります。おすすめプランのS21でも一日あたり160GB(月間およそ4.8TB)もの利用ができます。さらに最上位プラン(S30)になると、一日あたり200GB(月間およそ6TB)という業界トップクラスの転送量を誇ります。

ウェブサイト上の画像量などによって多少違いは出てきますが、一日で数万~数十万単位のアクセスがあるようなサイトであっても、まったく問題ない数値になっています。

他のサービスと比較しても、転送量に関しては不動の一位であるABLENETを除けば、他社ではさくらのレンタルサーバが最上位プランで同じく最大1日200GBを提供しているぐらいです。しかも、さくらの場合は最上位プランが月額4628円であるのに対し、カゴヤでは2592円と半額近い価格で利用できます。

万が一の場合にもメール環境は維持

またカゴヤのもう一つの特長として、ウェブサーバーとメールサーバーを別々のサーバーで運用していることが挙げられます。これは簡単に言えば「万が一ウェブサイトが表示できなくなる事態に陥っても、メールの送受信はできるようになっている」ということです。

それこそ日々の転送量を気にするような人気・大規模サイトになればなるほど、ウェブサイトが表示できないというトラブルは大きな問題になります。ですが、(カゴヤに限らず)現状のレンタルサーバーではそうした可能性をゼロにすることは難しいです。だからこそ、緊急事態の際にもメール機能だけは生き残ってくれることが重要です。

メール機能が使えれば会員やユーザーにメールで障害情報をアナウンスすることもできますし、また復旧の見込み時間などを通達することもできます。こうした対処が行えるのは、ウェブ機能とメール機能が切り分けられているカゴヤならではです。

注意すべきことは?

プラン選びと機能に関して

まずもっとも気をつけてほしいのが、月額864円のS11プランではメール機能の提供がないということです。またWordPressなどの利用に際して必要となるデータベースMySQLもS11プランでは有料オプションとなってしまいます。

そのため本格的にカゴヤを利用するなら月額1728円のS21プラン以上がおすすめです。ただこの価格でも法人向けサーバーとしては低価格の部類に入りますし、スペックや機能面を考えても料金以上にお得といえます。

そのほか難点といえるのはバックアップ面です。無料では10GB(1世代)までしか保存することができず、それ以上の領域については別途有料オプションを申し込む必要があります。ビジネス用途などでデータ保全を重視する場合には、容量に制限がなくまた7世代までのバックアップに標準対応したシックスコアをおすすめします。

不正アクセス問題について

2016年9月16日に、カゴヤのシステムに対して不正アクセスがあったことが報じられています。どのような情報の流出があったかなどの詳細は不明なのですが、少なくともパスワードについては漏洩した可能性があるとのことでした(当日中に対策としてパスワードが強制的に変更されました)。

カゴヤはレンタルサーバーのなかでも、どちらかといえば法人・ビジネス寄りを対象にしたサービスでもあり、こうしたセキュリティ問題が起こってしまったことは残念です。トラブル後の対応そのものはわりと迅速でしたが、パスワードが漏洩した可能性があるというのも少し気がかりです。

というのも、パスワードは漏洩対策として暗号化(ハッシュ化)という処理が行われているのが普通です。もしパスワードが暗号化されていなかったとしたらかなりの問題です。ただ暗号化されたまま盗まれたことを「漏洩した可能性」と表現しているのかもしれません。この件についての詳細がほとんど公開されていないため、実際どうだったのかは現時点では不明です。

2016年11月9日の時点で、カゴヤから詳細が発表されました。報告によるとパスワードのみならず、氏名・住所・電話番号との個人情報から、さらにクレジットカード番号についても漏洩があったとのことです。
不正アクセスによるお客様契約情報流出に関するお詫びとご報告 – カゴヤ・ジャパン

評価まとめ

S11プランのみメールやデータベースが使えないことには注意が必要ですが、S21プラン以上で見ると、月額1500円この価格帯では間違いなく上位に入るサービスとなっています。

ただサービスの評価点数そのものは悪くないものの、最終的な決め手には欠けがちです。その理由としては、同じく法人向けレンタルサーバーであるWebArena SuiteXが抜群のコストパフォーマンスを誇っているために、あえてカゴヤを選択するメリットが弱いからです。

また注意点のところで述べた不正アクセス問題が起こったこともあって、やはり現状では強くおすすめするサービスではありません。

料金と機能

機能 S11 S21 S31
初期費用(税込) 0円 3240円
月額(税込) 864円 1728円 2592円
ディスク容量 100GB 310GB 420GB
メールアカウント数 × 10000個 10000個
メール関連機能
メール転送 ×
メール自動返信 ×
Webメール × △(50アカウントまで無料)
メールウイルス駆除 ×
スパム対策 ×
高機能スパム対策 × ○(FORTINET)
ドメイン関連
マルチドメイン 無制限
サブドメイン 無制限
その他機能
FTPアカウント 1
webdav
cron ×
SSH
転送量 120GB/日 160GB/日 200GB/日
CGI・プログラム関連
独自CGI
Perl
PHP 5.6.x / 7.0.x
Python ×
Ruby ×
データベース関連
MySQL 有料OP
MySQLのDB数 1GBあたり756円 -(容量10GB)
PostgreSQL
PostgreSQLのDB数 1GBあたり756円 -(容量10GB)
SQLite
データ保全
RAID
外部バックアップ ○(10GB以上は有料OP)
データ復元 有料OP
SSL
共用SSL ×
独自SSL取得代行 シマンテック(セキュア・サーバID/グローバル・サーバーID/セキュア・サーバID EV/グローバル・サーバーID EV)、ジオトラスト(クイックSSLプレミアム/トゥルービジネスID)、RapidSSL、セコム(forWebSR2.0/3.0/forWebEV)
独自SSL持ち込み 有料OP
CMSの利用
MobableType ×
WordPress ×
サポート
電話サポート ○(平日10時~22時、土日祝10時~17時)
その他サポート メール、Twitter、facebook
申し込み関連
支払い方法 カード/銀行振込/口座振替
領収書発行 ×
お試し期間 14日間
備考
  • ※「×」は対応不可、「-」は対応不明を表しています。
  • ※月額は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の金額を記載しています。