個人向けレンタルサーバーランキングとその理由

ホームページやブログを運営したい個人ユーザーにおすすめのレンタルサーバーをランキング形式で紹介するとともに、その順位付けの根拠についても詳しく解説します。

1位:エックスサーバー(X10プラン)

公式サイト
エックスサーバー
当サイトによるレビュー
エックスサーバーのレビューと評価

エックスサーバーは「選んで後悔しないレンタルサーバー」

エックスサーバーを1位に選んだ理由は、「選んで失敗する可能性が限りなく低い」からです。また当サイトでも丸5年以上にわたってエックスサーバーを利用しつづけていますが、その実体験からも自信を持っておすすめします。

一番安いX10プランで月額1,080円(税込)と個人向けのなかではやや割高にはなるのですが、かわりにレンタルサーバーで必要とされる機能をとにかく幅広く備えています。

<エックスサーバーのポイント>

  • 200GBの大容量ディスク
  • 過去7日分のデータを自動バックアップ&復元にも対応
  • ワードプレスサイトの多数運用(50個~)もOK
  • 安心の電話サポート付き

さらにサーバーの安定性と高速性、つまりホームページがいつでも快適にサクサク表示されるという性能が格安サービスとは段違いに優れています。正直に言って、この値段で提供されるべき水準を飛び越してしまっていると感じるほどです。

こうした点から、エックスサーバーはまさに万能型レンタルサーバーとなっています。唯一の難点はやはり価格ですが、それを補って余りある満足が得られるはずです。個人向けレンタルサーバーのなかでは、スペック・機能を含めて、選んで失敗や後悔をする可能性が限りなく低いサービスです。

2位:ロリポップ!(ライトプラン)

エックスサーバーの唯一のデメリットとして値段を挙げましたが、そうなるとやはり「ではもっと安いレンタルサーバーだとどれがいいのか」という問題になります。当サイトの答えとしては、ロリポップ!のライトプランがおすすめです。

公式サイト
ロリポップ!
当サイトによるレビュー
ロリポップ!のレビューと評価

時代の変化に合わせたスペック強化

ロリポップ!は低価格レンタルサーバーの代表格と言えるサービスです。現在でこそ高額のプランも一部存在しますが、基本的には月額300円以下という価格帯で評判を築いてきました。これまでの累計ユーザー数が150万人以上という数字を見ても、じつに多くの人に利用されてきたサービスであることが分かります。

ただし、安いからという理由だけでここまでの人気を獲得してきたわけではありません。ロリポップ!がユーザーを集めつづけてきたもう一つの理由は「常に時代の変化に合わせてサービスが強化されてきたから」です。

じつは格安系レンタルサーバーで起こりがちな問題として「しだいに性能が時代遅れなものになっていく」ということがあります。ある時点ではコストパフォーマンスに優れていたものの、何年もスペックアップや機能追加が行われないまま放置されることで、いつのまにか他社に比べて遥かに低い性能になってしまうのです。

しかしロリポップ!はこれまで15年以上にわたり、常にサービス内容を強化しつづけてきました。だからこそ今に至るまで人気を誇ってきましたし、そしてこれから先もより良く変化しつづけることを期待できます。

プラン選びに要注意

ただしプラン選びに関しては慎重に行ってください。とくに108円のエコノミープランはリーズナブルではあるのですが、ホームページ&ブログ作成ソフトの定番である「ワードプレス(WordPress)」を使うことができません。そのほか機能も他プランに比べて著しく制限されているため、かえって初心者にはおすすめしにくくなっています。

かわりに当サイトで推奨するのは、月額270円(税込)のライトプランです。ワードプレスも使えますし、ディスク量も50GBと大容量が利用できます。実質的なコストパフォーマンスが一番優れているプランだと思います。

さらに一つ上の540円プランになると電話サポートが受けられるようになるなどメリットは確かに増えますが、徐々に格安という範疇から外れてきます。それでいながら復元対応のバックアップは別途オプション費用(毎月324円)が必要なため、安定性などを考慮してもいっそエックスサーバーを利用してしまった方がお得になってきます。

3位:mixhost(エコノミープラン)

公式サイト
MixHost
当サイトによるレビュー
mixhostのレビューと評価

mixhost(ミックスホスト)は、2016年になって登場した新興のレンタルサーバーです。高い性能やコストパフォーマンスを誇りますが、(エックスサーバーやロリポップ!に比べると)中~上級者向けのサービスとなっています。

クラウドの利点を取り込んだレンタルサーバー

まず大きな特徴として、サーバー内で各ユーザーに割り当てられるCPUやメモリがきっちりと切り分けられており、常に安定した性能を発揮しやすい(他ユーザーの影響を受けにくい)形になっています。また、アクセスが一時的に増加した場合には、一時的に上位プランに切り替えるという柔軟なスペック変更も可能です。

こうした特徴は、クラウドサーバーと呼ばれる形態に見られるものです。ただ本来のクラウドサーバーは、サーバー管理知識のある人向け(Unix/Linuxのコマンド操作などができる)です。これに対してmixhostは、一般的なレンタルサーバー(共用サーバー)にクラウド的な利点を取り込んだものになります。

管理画面などもマウスで簡単に操作できますし、メールでならばサポートも受けられます。使い勝手は普通のレンタルサーバーとほぼ同じと言えます。

高いコストパフォーマンス

1位のエックスサーバーも料金に見合う以上のスペックを実現していますが、mixhostにおいてはコストパフォーマンスはさらに高いです。

一番安い月額518円(税込)のプランであれば、エックスサーバーのほぼ半額。それでいて30日分のバックアップ&復元に対応、ワードプレスサイトの作成数にも制限がないなど、スペック・機能面はむしろ上回っている部分もあります。これはもともとクラウドサーバーが低価格で提供しやすいという理由にもよると思われます。

上記のような理由から、純粋に「安くて高性能」を求めるなら、現状ではトップクラスのサービスです。ただ新興企業でもあり、サービスの継続性や信頼性はまだ未知数です。またマニュアルなどには専門用語もやや多く、電話サポートもないなど、完全な初心者にはおすすめしにくい部分もあります。

どちらかといえば、すでにレンタルサーバー利用経験がある方が、乗り換え先等として検討するのに最適なサービスと言えます。

個人向けランキングのまとめ

繰り返しになってしまいますが、あとになって後悔しにくいという意味ではやはりエックスサーバーをおすすめします。管理人自身、多くのレンタルサーバーを使ってきましたが、やはりワードプレスの管理画面の読み込みが遅かったり、サーバーの接続に時間がかかったりなど、小さな遅さの積み重ねが不満になっていました。

これは格安系に限ったことではなく、ときには高額の法人サーバーでも不安定さや遅さには悩まされてきました。それらを経験した身からすると、エックスサーバーの安定性と速度、さらに多機能ぶりは本当に驚かされます。かりに急に値上げがあって月額が2倍になっても使いつづけるだろうと確信できるほどです。

※なお新たに登場したmixhostもスペック面で非常に優れていておすすめですが、あくまでも新興サービスであり、今後どうなっていくか未知数な部分が多いです。当サイトではこれまでの運営実績も考慮して評価を行っていますため、やはり現状もっとも安全かつ自信をもっておすすめできるのはエックスサーバーと考えています。

どのサービスもお試し利用ができる

ただこれはあくまでも管理人の個人的な見解ですし、むやみと高額のサービスを利用してほしいわけでもありません。お金は大切なものですし、人によっては格安レンタルサーバーでも十分と感じることも多いはずです。

幸いなことにここで紹介しているレンタルサーバーについては、いずれもお試し利用ができるようになっています(エックスサーバーとロリポップ!が10日間、mixhostは30日間)。

サーバーの安定性や速度など、体感してみないと分からない部分を事前に確かめることができますし、支払い情報を入力しない限りは勝手に請求がはじまるような心配もありません。迷ったらまずはお試し利用からはじめてみるのがおすすめです。