さくらのVPSのレビューと評価

国内でもっとも有名なVPSです。「VPS選びで悩んだら、さくら」と言える信頼感があります。

公式サイト さくらのVPS

総合評価:87点

初心者にもおすすめの超定番VPS

国内VPSの代表格

現在は国内でも多数のVPSサービスがありますが、その中でも人気があるのがさくらです。

さくらはもともと1999年創業とレンタルサーバー業界の黎明期から運営を続けており、高い技術力に裏打ちされたサービスに定評があります。VPSに関しても2010年からすでに提供を開始し、以来ずっと国内VPSの代表格として君臨しつづけています。

しかも積極的にサービスを改善する傾向があり、これまでにもISOインストール、リージョン(データセンター位置)の選択、SSD搭載、VPSながら複数台接続に対応など、じつに様々な機能追加を行ってきました。

競合他社も多く登場するなか、それでも一定の人気を保っているのは、こうした改善が常に行われているのも一因です。

VPS初心者にもおすすめな理由

比較的古くから運営されており、なおかつ知名度もあるサービスのためユーザー数が非常に多いのも特長です(2015年8月時点で75,000件以上の利用実績というデータが公表されています)。

この「ユーザー数が多い」=「ネット上に情報が多い」ということでもあります。さくらに関しては、VPSの初期設定からはじまり、Apacheなどのウェブサーバーの導入、WordPressのインストール方法などの記事が多数公開されています。

そのためVPSがはじめての方や、これから勉強していきたいといった初心者の方にもおすすめのサービスとなっています。

SSD搭載&ローカルネットワーク対応

全プランでSSDに対応

さくらでは、全プランにおいて標準でSSDを搭載しています。SSDはHDDよりもデータの読み書きが圧倒的に早く、サーバーの高速化にも大きな効果があります。

なお速度よりもディスク容量を求めたいという方は、HDD搭載プランを選ぶことも可能です。この場合はSSDに比べて、最大4倍の大容量を確保できます。
※最安値となるメモリ512MB、および最上位のメモリ32GBのプランについては、HDDへの変更はできないので注意してください。

また後述する複数台接続が使えるため、データベースサーバーなどディスクの読み書きがとくに多い仮想マシンについてのみSSDを採用するなど、柔軟な運用が可能になっています。

複数台接続(ローカルネットワーク)が利用可能

さくらで複数のVPSを契約した場合、各VPS(仮想マシン)を1Gbpsの高速回線でローカル接続することができます。たとえばWebサーバーとDBサーバーを別々に運用することで、DBサーバーをインターネットから切り離してセキュリティを高めることができます。

さらに、さくらで提供されている他サービス(専用サーバー・クラウド・ハウジング)と接続をすることができる「ハイブリッド接続」にも対応しています。

そのほか、さくらのVPSからクラウドへとマイグレーション(移行)もできるなど、ウェブサイトの成長にあわせての運用変更が非常にしやすくなっています。

競合と比較しての位置づけ

サービスの信頼性に定評のあるさくらですが、純粋なスペック・コストパフォーマンスという点では他社に負ける部分もあります。

たとえばメモリ1GBのプランではSSD容量でも上回るConoHa、あるいはメモリ2GBでは月々1,187円で使えるお名前.comのプランが優れています。このほかのプランにおいても、さくらが明らかに安いという価格帯はなかなかありません。

ただ、サービスの品質はスペックや価格だけでは測れない部分もあります。とくに近年はDDoSなどによる攻撃事例が多く報告されています。不運にもこうした攻撃の標的となったり、あるいは想定外のトラブルが起こったときなどの対応は重要です。

その点、さくらは過去の事例においては誠実な対応が多く見られます。とくに法人やビジネス運用を想定しているサイトの場合は、価格以外にこうした面も考慮に入れることをおすすめします。

注意すべきことは?

契約後のプラン変更はできない

注意すべきことですが、さくらのVPSでは契約後のプラン変更ができません(どうしても変更したい場合には、別プランを新規契約し、ユーザー側でデータを移行する必要があります)。そのため最初のプラン選びは慎重に行ってください。
※別途、前述した複数台構成によるスケールアウトは可能です。

とくにメモリが512MBのプランは月額629円と低価格ではありますが、(他社も多くがメモリ1GBからのプランを提供していることからも分かるように)本格的に運用をしようとすると若干無理が出てくる場合もあります。VPSの勉強等ならまったく問題ありませんが、メインサイト運営を考えている方は注意してください。

スナップショットは利用不可

また仮想マシンの状態をディスクイメージとして保存できる「スナップショット」機能ですが、残念ながらさくらでは利用できません。

もしスナップショット機能が必要な場合には、お名前.com VPS、あるいはConoHaにおいて利用可能です。とくにConoHaはSSD採用、ローカルネットワーク対応など、さくらと特長が似ている部分も多いため検討しやすいはずです。

評価まとめ

管理人が人から「VPSってどこを選べばいいの?」と聞かれたら、まずは「さくらのVPS」と答えます。コストパフォーマンスが飛び抜けているわけではありませんが、「このサービスなら誰におすすめしても安心」という信頼感がなによりあります。

またVPSはどうしても自分である程度知識を得ながら運用していく必要があります。その際、さくらならば情報源がたくさん簡単に見つかる、というのも重要なポイントです。

VPS選びで失敗したくないという方には、ぜひさくらのVPSをおすすめします。

公式サイトはこちら さくらのVPS

料金と機能

機能 512 1G 2G 4G 8G 16G
初期費用(税込) 1080円 1620円 2160円 4320円 8640円 17280円
月額(税込) 629円 891円 1706円 3564円 7128円 14256円
スペック
ディスク
(SSD選択)
20GB 30GB 50GB 100GB 200GB 400GB
ディスク
(HDD選択)
× 100GB 200GB 400GB 800GB 1600GB
メモリ 512MB 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
CPU 仮想1コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想6コア 仮想8コア
仮想化技術 KVM
OS
標準OS CentOS 6.x / 7.x、KUSANAGI (64bit)
選択可OS [CentOS] 5.x (32/64bit) / 6.x (32/64bit) / 7.x (64bit)
[Scientific Linux] 6.x (32/64bit) / 7.x (64bit)
[Ubuntu] 12.04 / 14.04 / 16.04 (64bit)
[FreeBSD] 10.3 / 11.0 (64bit)
[Debian] 7.x / 8.x (64bit)
[Fedora] 24.x (64bit)
ISOイメージ
インストール
ネットワーク関連
リージョン 選択(東京 / 北海道・石狩)
回線 100Mbps共有
※ローカルネットワークは1Gbps共有
IPアドレス IPv4×1個、IPv6×1個
逆引き名設定
※IPv6アドレスは不可
複数台接続
サーバー操作
SSH
その他接続 VNCコンソール
管理ツール 独自コントロールパネル
データ保全
スナップショット ×
RAID
申し込み関連
支払い方法 請求書/銀行振込/クレジットカード
領収書発行 ×
お試し期間 14日間(カード払い選択時のみ)
備考 上記のほかメモリ32GBプラン、ベアメタルプランも有り
  • ※「×」は対応不可、「-」は対応不明を表しています。
  • ※月額は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の金額を記載しています。