ロリポップ!(ライトプラン)とミニバードを詳しく比較

2017年8月7日より、ミニバードは「スターサーバー」という新サービスへと統合されました。これに伴い、本記事内容についても修正を予定しております。

月額300円以下の格安レンタルサーバーを検討する場合、「ロリポップ!のライトプラン」と「ミニバード」の2つが主な候補になります。

この両者は月額がまったく同じ270円(税込)、さらに初期費用やディスク容量などもすべて同じと完全なライバル関係になっています。実際、どちらを選ぶべきか悩む方も多いので、ここでそれぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

2つのサービスの特徴

価格やディスク容量が同一ではあるものの、さらに掘り下げて見ていくとやはり違いはあります。まずは表形式で、主なスペック・機能について確認しておきます。

サービス ロリポップ!
ミニバード
プラン ライト
初期費用 1,620円
月額 270円
ディスク容量 50GB
マルチドメイン 50個
MySQLデータベース 1個 5個
転送量 60GB/日
(1860GB/月)
150GB/月
使いやすさ
プラン変更 ×
※価格はすべて税込表記。月額は12ヶ月契約時の料金。

この表から見えてくるのが「MySQLデータベース数はミニバードが多いが、全体的にはロリポップ!が優秀」ということです。以下、詳しく説明していきます。

最大の違いはMySQLデータベース数

上でも少し触れましたが、両者の最大の違いがMySQLデータベースの個数になります。ロリポップ!のライトプランでは1個だけなのに対して、ミニバードでは5個まで作成できます。

そもそもMySQLとは

MySQL(マイ・エスキューエル)とはサーバーで用いられるデータベースの一種です。ただ、ほとんどのユーザーにとっては「WordPress(ワードプレス)のようなウェブサイト管理ツールを動かすのに必要なもの」として捉える方が簡単です。

MySQLデータベースの数はどう影響するのか

WordPressのようなツールを使う場合、基本的には1個のウェブサイトを作るにあたって、1個のMySQLデータベースが必要となります。
つまり複数のウェブサイトを運営したい場合、データベースが(原則として)その数だけ必要となる、ということです。

※上記で「原則として」と書きましたが、実際には1個のデータベースで複数のウェブサイトを同時運営する方法も存在はします。ただデメリットや注意点も多いため、当サイトではあまり推奨していません。詳しくは「レンタルサーバーのMySQLデータベースはいくつ必要?」の記事を参考にしてください。

そのためロリポップ!(ライトプラン)ではWordPressを用いたウェブサイトは1個までと考えるべきです。一方でミニバードであれば、5個まで対応できることになります。これは大きな違いです。

他社を見ても、月額300円以下で複数のデータベース作成に対応しているサービスはほとんどありません。できるかぎり安く、それでいて幾つものウェブサイト運営したいならミニバードがおすすめです。

全体的にはロリポップ!が優秀

ただし、WordPressの複数運営を考えないというのであれば、そのほかの面ではロリポップ!の方が優れているところが多いです。

初心者でも使いやすい

とくに重要なポイントが、レンタルサーバー自体の使いやすさです。

ロリポップ!は累計160万人以上が利用するサービスということもあり、初心者含めて誰でも使えるようにと、マニュアルなども非常に丁寧に作られています。また管理画面の使い勝手なども悪くありません。

しかしミニバードの場合、まず最初の支払い手続きからして少々複雑です。まず専用のプリペイドサービスにいったんチャージ(入金)して、そこから支払うという手続きになっており、慣れていないとかなり戸惑うと思います。そのぶん、わずかながらポイントが溜まったりはするのですが、個人的にはさほどメリットを感じません。

管理人は実際にどちらのサービスも利用しましたが、使いやすさという面ではロリポップ!の方が明らかに優れています。ミニバードはどちらかといえば中級者以上、ないしは以前にレンタルサーバーの利用経験がある人向けです。

プラン変更ができる

もうひとつ、プラン変更ができるというのもロリポップ!の強みです。月額300円以下というこの価格帯は値段は手頃ですが、そのぶん性能も抑えられています。そのため運営サイトが成長した場合に、スペック・機能に不足を感じるかもしれません。

その際、ロリポップ!であれば上位プランへの移行が可能です。とくに一つ上の月額540円のスタンダードプランに変えると、WordPressなどの速度に影響するPHPが高速化(モジュール版というのが利用できる)します。また電話サポートも受けられるようになり、MySQLデータベースも一気に30個まで作れるようになります。

しかし、そもそも単一プランの提供しかないミニバードではプラン変更はできません。じつは上位ブランドとして、月額540円のファイアバードというサービスもあるのですが、これはあくまでも別サービス扱いです。つまりプラン変更のようにお手軽にはいかず、レンタルサーバー乗り換えと同じ複雑な作業が必要です。

もちろん将来的なプラン変更を考えないならミニバードでもいいのですが、それにしては転送量150GB/月という制限が少し問題です。けっして少ない転送量とは言わないものの、画像が多いサイトでなおかつアクセス数が増えてくると、少し心もとない数字ではあります。この点も、ロリポップ!は月換算で1860GBなので、圧倒的に余裕があります。

まとめ

どちらを選ぶか悩んだら、現状でWordPressサイトの運営が1個以下の予定なら、ロリポップ!がおすすめです。

「将来的にウェブサイト数を増やすかも…」と心配する方もいるかもしれませんが、その場合にはプラン変更などで対応することもできます。それよりも当面の使いやすさなどを重視して選ぶべきだと思います。実際、こうした観点から、当サイトでもロリポップ!をより高評価にしています。

・当サイトによる紹介記事:ロリポップ!のレビューと評価

一方で、現時点ですでに複数のWordPressサイトを運営する予定があり、なおかつできるかぎり低価格と考えるならミニバード一択です。この価格帯でデータベースが5個も作れるサービスはとても貴重です。

・当サイトによる紹介記事:ミニバードのレビューと評価