ABLENET VPSのレビューと評価

ディスクにSSDを採用し、さらに200Mbps共有回線が使えるVPSです。またWindows Server導入を得意としています。

公式サイト ABLENET VPS

総合評価:80点

☆キャンペーン情報☆

  • v1プランの初期費用無料(2,037円 → 0円)!

SSD採用&200Mbps共有回線

ABLENETのVPSではディスクにSSDが選択でき、なおかつ回線も200Mbps共有と高速になっています。総じて快適なサーバー環境が構築されているのが特徴です。

SSDに関しては、さくら・ConoHaなど競合他社でも採用しているところもありますが、それでもやはり大きなメリットであることに変わりありません。メール・データベースなどの処理速度にはとくに影響が大きくなっています。

また多くのVPSでは100Mbps共有回線を使用していますが、ABLENETではのその2倍となる200Mbps共有回線を利用できます。もともとABLENETは回線や転送量に定評のあるレンタルサーバーであり、その利点がVPSにも生かされています。

他社でもWebArenaなどは2Gbps共有という高速回線もありますが、これは月額4,000円近い上位プランだけのものであり、廉価プランでは100Mbpsです。最安値プランでも200M回線を提供するABLNETには、やはり独自の魅力があります。

Windows Serverが手軽に使える

Windows Serverが低価格で利用できる

もうひとつ特徴的なのが、低価格でWindows Serverが導入できることです。

他社でもWindowsに対応するオプションは存在しますが、たとえばGMOクラウドVPSであれば月額3,066円のように高額なケースもあります。しかしABLNETは全プランとも月額1,080円という低価格オプションでWindows Serverが利用できます。

また、さくらやお名前.comのように、オプションではなくWindows Server用のプランを別途用意しているサービスもあります。しかし、(ライセンス費用が必要となるので当然ですが)そのぶんプラン自体の月額も高くなっています。

たとえばコストパフォーマンスに優れるお名前.comであっても、月額3,075円払ってやっとメモリ2GBのプランが使えるぐらいです。しかしABLNET VPSでは、月額2,603円とさらに低料金で、しかも2.5GBという多めのメモリが利用できます。

リモートデスクトップにも対応

また、Windows Serverに関連する機能として「リモートデスクトップ」があります。これは対象マシン(この場合はサーバー)の画面を、手元のパソコンにそのまま表示し、マウス&キーボード操作での遠隔利用を可能にする機能です。

ただし、通常のコマンド操作に比べれば通信量も多くなりますし、多くのWindowsVPSでは利用に制限があります。さくらであれば追加費用が必要になりますし、お名前.com(Hyper-Vプラン)ではそもそも利用が禁止されていて、専用の別サービス(デスクトップクラウド)を使わなければなりません。

これに対して、ABLNET VPSでは(v0以外の全プランで)標準でリモートデスクトップ機能に対応しています。そのためスマートフォンやノートパソコンからリモートデスクトップで接続して操作をしたい、またMetaTrader4などのFX自動売買ソフトを動かしたいといった方から、とくに人気のあるサービスとなっています。

なお、通常プラン(v1~v4)のほかに、最初からリモートデスクトップ利用を想定した「仮想デスクトッププラン(Win1~Win4)」もあります。基本的にはv0~v4にWindowsオプションを加えたものをセット販売しているというイメージですが、料金やメモリに多少の差があります。詳しくは公式サイトのFAQの説明が分かりやすいです。

注意すべきことは

v0プランは特殊な扱い

スペック別に複数のプランが用意されていますが、そのうちもっとも低価格の「v0」プランについては、やや特殊な扱いになっています。

というのも、他はすべて契約後もプラン変更が可能なのですが、v0からだけはプラン変更ができません。しかもv0は低価格なかわりにメモリ量が512MBと非常に少ないため、あとからスペック追加がしたくてもできない、というリスクがあります。

また前述したWindows Serverの追加オプションについても、v0プランでのみ利用不可となっています(かりに利用できてもスペック的に厳しいプランだとは思いますが)。

無論、最初からVPSの勉強用・テスト用などと割り切って利用するぶんには問題ありませんが、メインサイト運営などを考える場合には十分に注意してください。

評価まとめ

Ablenetの利用がおすすめなのは、、まず通信量が多いサイトを運営する場合など200Mbps共有回線に魅力を感じる方です。それからWindow Serverを導入したいという方にはとくに最適です。

またAblenetVPSでは、クレジットカード払いを選択すると10日間のお試し利用ができます。使い勝手などを確かめたい場合に活用してください。

公式サイトはこちら ABLENET VPS

料金と機能

※通常プラン(v0~4)のスペックです。下記とは別にリモートデスクトップ利用に特化した「仮想デスクトッププラン(Win1~Win4)」も提供されています。

機能 v0 v1 v2 v3 v4
初期費用(税込) 1009円 2037円 3066円 4094円 6152円
月額(税込) 495円 1009円 1523円 3066円 5122円
スペック
ディスク容量 50GB 100GB 200GB 400GB 800GB
メモリ 512GB 1.5GB 2.5GB 4GB 8GB
CPU 仮想1コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想5コア
仮想化技術 KVM
OS
標準OS CentOS 5.x / 6.x (32/64bit)
選択可OS [CentOS] 5.x (32/64bit) / 6.x (32/64bit) / 7.x (64bit)
[Ubuntu] 12.04LTS (32/64bit) / 14.04 (64bit) / 16.04 (64bit) / その他
[Debian] 6.x / 7.x (32/64bit) / 8.x (64bit)
[Fedora] 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 (32/64bit)
[FreeBSD] 8.x / 9.x / 10.x (32/64bit)
[ScientificLinux] 6.x (32/64bit)
[archlinux] 2015.05/01 dual
[Vine Linux] 6.x (32/64bit)
[Momonga Linux] 7.x (32/64bit)
[Mandriva] 2011 (32/64bit)
[slackware] 13.x (32/64bit)
[Windows Server] 2008R2 / 2012 / 2012 R2 ※有料オプション
ISOイメージ
インストール
応相談(サポートまで連絡)
ネットワーク関連
リージョン 大阪
回線 200Mbps共有
IPアドレス IPv4×1個、IPv6×65536個
逆引き名設定 ○(サポートまで連絡)
複数台接続 ×
サーバー操作
SSH
その他接続 VNCコンソール
管理ツール 独自コントロールパネル
データ保全
スナップショット ×
RAID RAID1
申し込み関連
支払い方法 クレジットカード/コンビニ
領収書発行 ×
お試し期間 10日間(カード払い選択時のみ)
備考 v0プランは他プランへの移行不可、およびWindows Serverオプション利用不可
  • ※「×」は対応不可、「-」は対応不明を表しています。
  • ※月額は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の金額を記載しています。